もの書きになる(仮)

クルマ、バイクを中心に日々の所感などを。

久しぶり。

もう1年以上空いてしまったので、ちょっと書いてみよう。

 

先日初めてのバイクの選び方を相談された。
お、これはいいぞ。新しいバイク仲間が増えるチャンス。

 

私なりの3つのコツを伝授。

 

1.バイクは体格で選びましょう。
身長(足つき)、体重(体格)にそぐわないバイクだと危ないしそもそも楽しくない。少なくとも、右足でブレーキペダルを踏んだ状態で片足べったりつくくらいじゃないと厳しいかと。ちなみにあくまで初心者へのコツとしてです。ベテランで足のつかないオフロードマシンも乗れる人いるので。私は絶対無理ですけども。

2.無理しない。
1.を満たしていて、なんでも乗れそうだと思っても、いきなりリッターSSとかはだめでしょ。ひとまずは運転技能に応じた軽量で乗りやすいバイクをオススメします。背伸びは怪我の元でしかないので。

3.ステップバイステップ。
2.にも関係していますが、最初のマシンで経験を積んだら、きっと物足りなくなってきます。その段階になったらもうバイクの楽しさ、危険さ、難しさもわかってきていると思うので、SSでも隼でもカワサキのぶっとんだアレでも乗ればいいのです。

 

以上、私なりの基本的な基準でした。
あと原則として一番大事なのは、自分の気に入ったスタイルのバイク!っていうのが最初にあるというのはいわずもがなということで。自分のかっこいいと思わないバイクなんていらんし(笑)。

出庫か?いやまだか。

今週はまた一段と温かくなってきた。
3月中頃に大きく気温が緩んで、今年は雪解け早いかも?
と思うも月末頃の降雪&低温でまたもや冬に逆戻りしてがっかりしていた。

家前のバイク駐車場所の雪もだいぶ解けてきてあと少しというところ、
今週末に出庫できるかと心待ちにしていた。

が、週間予報では朝晩の気温がまだマイナス、最高気温も一桁というところで、
一週間延期になりそうだ。

f:id:satoshinbo:20190402142718p:plain

まあ、気長に行くとしましょう。

カスタム♪である。

北海道のバイクシーズンの始めと終わりは
とても気温が低い中を走ることになるので、
4月と10月はいつもつらいです。

なので今年は、冬季保管中にグリップヒーターを付けることに!

バイク屋さんに、Y'SGEARの商品ページをメールで送りつけ(笑)
カスタム依頼。

このY'SGEAR製のグリップヒーターは、
準純正?(変な表現)なので、車体側での配線工作がいらないので、
車体にやさしく、取付も簡単スピーディ、機能も安全・高機能で、
ちょっと値段は高いけども、安価な汎用品よりも安心感があります。

www.ysgear.co.jp

バイク屋さんからは、
ちょうどお店に在庫があるので、乗り出しまでに仕上げておきます。
という連絡があり、今年4月のバイク乗り出しはいつもより
楽に楽しく走り出せそうです。

 

アマゾンにも出品ありますよ。

慣れた人ならアマゾンで買って自分でつければ工賃節約。

夢はあるよ。だけどさ。

www.itmedia.co.jp

 

これとってもすごいな。
Twitterでフォローするだけでなんの代償もなしに
100万円もらえる可能性あるなんて。

 

…でも、おれとしてはこんなのほんとに当たると思って参加できないな(わ)
みんな素直ですごいわ。ということでフォローしませんがな。

下手なの?わざとなの?

どうもわからないんだけども、
運転している自分の車やバイクを、自分が走らせようと思ったところに走らせられていない人って多くないですか?

というか、自分で運転してるのに、自分の車をどこに走らせようとかまったく考えていない人って多くないですか?

 

例えば・・・。

左折するときに対向車線にはみ出て曲がる人。

f:id:satoshinbo:20181122085152p:plain

たぶん自分でこういう風に走らせようとは思っていないと思うんだけども。
はみ出ているのに気付いていないのか、そもそもどうでもいいのか?

 

下手でハンドルを回すのが追いつかないのか、そもそもハンドルを多く回すこと自体面倒くさいのか。ハンドルを回すのが追いつかないなら自分の制御できる速度を超えているということだろう。面倒くさいならタクシーに乗るがよい。

 

あと、これも多い。
右折するとき、入ろうとする車線見てないの。

f:id:satoshinbo:20181122090245p:plain

わざとこの部分を踏んで短い距離で済ませようとしているんだったら、クセは悪いけども理解はできるんだけども、たぶん自分の運転している車がどこを走っているのか考えていないような気がするんですよね。

 

また、山道のカーブでセンターラインをまたいで走る人も多くて、これも走りを見ているとだいたいが下手くそな人で、自分の走行ラインを全く考えていない人が多い気がします。そのカーブの曲率がどのくらいなのかとか、速度のコントロールはどのくらいだとか、対向車の有無だとか、必要なことを考えないでセンターラインをまたいで走ったら危ないだろ(笑)。だから、ガードレールにぶつかったり路外に落ちたり路肩に寄りすぎてゴミ拾ってパンクしたりするんだろ。

 

意図的にショートカットしたり、対向車確認して膨らませたりしているのなら全然問題ないのだけど、下手で何にも考えてもいなくて何となーくそっちの方にハンドル切っています的な人がほんとに多くて、ほんと何とかならないかなと思います。あと、停止線守ってほしい。それだけで対歩行者と対自転車事故は半分以下になると思う。

シーズン終了。

先日、今期のバイクシーズンが終了しました。
例年はもう少し早めに入庫するところが、11月に入ってからにしました。

今年は冬が遅いようで平地ではまだ降雪が無かったので、ちょい乗りくらいならまだいけそうだなと思っていたので1週間延期しました。

で、土曜日がちょうどよく快晴になったので、子供の習い事の送り迎えと合間の時間で市街地を走り、その後そのままバイク屋さんに入庫しました。
子供と少しツーリングしたいと思っていたのが、眠たいと言い出したので断念してバイク屋に直行したのでちょっと悔しいですが、想定してもいたのでまあいいです。

f:id:satoshinbo:20181106085704j:plain

XSR700の
今期の走行距離が2469.2km、総給油燃料 95.92L
タンク残量を加味して累計燃費約26km/L。

FZ-1の
昨期の走行距離が2072.3km、総給油燃料114.24L
タンク残量を加味して累計燃費約19km/L。

やっぱり排気量が大きいのと、エンジンを回す傾向にあったというのが大きくて、
燃費は全然違う。たくさん走ってもコストは安くて済むのでこれは良い。

 

バイクを納めてしまったのでこれからのシーズンはこれにいこう。

渡辺一樹が教える いまどきのスキー練習帳 DVDブック(DVD110分)

渡辺一樹が教える いまどきのスキー練習帳 DVDブック(DVD110分)